ところで、3/19にライターセミナーをすることになったいきさつをまとめました。

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

3/19(火)に、弊社主催セミナー「30歳からの医療・健康ライター」をおこなうのですが、
どういういきさつで開催することになったのか、
もう少し説明が必要かな、と思ったので、ここに書いておきます。

※セミナーの内容はこちらです。http://officekaitai.xsrv.jp/archives/post-317.html

30歳からのインターンシップの一企画を考えていました。

そもそもこのイベントは、僕が運営している「30歳からのインターンシップ」のいち企画です。
このサイトは僕のライフワークみたいなもので、
「自分の進路・生き方に迷っている人に、打開のヒントを提供すること」ができればいいなと思っているのですが、
社会人インターンシップの紹介だけでなく、セミナーのようなことをしても良いのかな、と考えていました。

橋本さんが相談に来ました。

そんな時に、僕の事務所にやってきたのが、今回の講師の一人である橋本優子さんです。
橋本さんは、昨年休刊した雑誌『BIGtomorrow』で、僕の担当編集者さんだったお方。
健康情報誌の編集部をやめて、新たに設立される医療情報の会社で働くので、
医療系資格を持っている人を中心に、協力してくれるライターさんを集めたい、と話していました。
初心者の人なら、私が教えるので、誰かいたら紹介して、とも言っていました。

みんなにメリットがあるのでは?

その話を聞いて、思ったのです。
医療・健康系のライティング仕事をしたい人と橋本さんをつなげられるようなセミナーを開催したら、
面白そうだし、双方にメリットがあるんじゃないか、と。

主催者の僕にとっても、
「30歳からのインターンシップ」のイベントとしておこなう意義もありますし、
ライターさんの発掘にもなるので(僕自身も手伝っていただける人を年中募集中です)、良いことづくめです。

大場さんにも加わっていただきました。

そんな提案を橋本さんにしたところ、
「バリバリの医療ライターさんがいるので、出てもらえれば、面白いセミナーになる」
ということで、大場真代さんをご紹介いただきました。

ランチをさせていただいたのですが、とても人当たりが良く、
「ああ、大場さんは、仕事たくさん来るのわかるわー」と思いました。
大場さんの経歴も、医療・健康系のライターを目指す人にはすごく参考になるので、
「ぜひ出てください!」とお願いした次第です。

よかったら、のぞいてみてください。

まぁ、開催に至るまでの手間を甘く見ていたばかりに、てんやわんやになっていますが、
(また、はじめから儲け目的ではないんですが、想像以上にお金になりませんね笑)
参加者の方のヒントになるならば、報われるのかな、と思っています。
以上が、今回「30歳からの医療・健康ライター」を開催することになったいきさつです。

もしよかったら、のぞいてみてください。お待ちしております。