成熟企業を再成長させる『インパクトカンパニー』が発刊されました

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

1月22日に発刊された『インパクトカンパニー』(著:神田昌典さん、発行:PHP研究所)。一部、編集協力させていただきました。

インパクトカンパニーとは、「経済的に成長しながら、事業を通じて社会問題の解決を目指す中小企業」のこと。
たとえば、
●世界的プラットフォームを築き上げたリサイクル企業 
●国内外から美容師が学びに来る美容室 
●億を超える資金を短期間で集める飲食店

たとえば、今後の成長が望めない成熟業種・衰退業種の企業だとしても、世界的なインパクトカンパニーを目指すことは可能だといいます。
では、どうすれば、そんな成長を遂げることができるのか?

その方法論を細かく解説しているのが、本書です。

会社の変革待ったなし、という全国の中小企業の経営者の方に、ぜひおすすめしたい書籍です。