『論客16人が予測する コロナ後の新ビジネスチャンス』、一部インタビューを担当しました

執筆記事・書籍

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

8月に発刊された『論客16人が予測する コロナ後の新ビジネスチャンス これから伸びる企業・市場、求められる人材・働き方
(編:『THE21』編集部、版元:PHP研究所) で、インタビュー原稿を3本ほど担当しました。以下のお三方です。

  •  「経営とは『変化対応業』。即断即決できる体制を普段から整備」(アイリスオーヤマ・大山晃弘社長)
  •  「データの示す日本経済の未来はコロナ前もコロナ後も『停滞』で変わらない」(日本総研・ 藻谷浩介主席研究員)
  • 「地方企業は今こそチャンス! テレワークと感性が武器になる」 (経済アナリスト・ 中原圭介氏)

いずれも『THE21』の8月号と9月号に掲載されたインタビュー原稿ですが、もともと誌面に載った2倍ぐらいの量の原稿を書きました。
こちらの書籍は、その完全版を余すことなく載せています。

私以外の方が担当した識者の方も、そうそうたる顔ぶれ。
さまざまな観点から「コロナ後」が語られていて、これ一冊で、多面的な見方が得られます。
私も、この本をヒントに、コロナ後の世界で必要な考え方をアップデートしようと思います。


タイトルとURLをコピーしました