遺産相続の法律、何が改正されたの? 『週刊東洋経済』2018年10月6日号の記事を一部書きました

こんにちは、オフィス解体新書ライターの杉山です。

親や配偶者が亡くなったとき、よくある「遺産相続」のトラブル。
仲の良かった兄弟でも、相続をきっかけに、関係が悪化するという話も・・。

トラブルを防ぐために、今年、遺産相続に関する法律が改正されましたが、
相続関係の法律はホントむずかしい。何が変わったか、よくわからない人が多いと思います。

本日発売の『週刊東洋経済』の特集「相続が変わる」は、その改正点をやさしく解説。

僕も、以下の二つの記事を書きました。
●「(7)最低限の取り分 不公平な遺言は金銭で解決」
●「相続問題で悩む経営者に朗報 『軽くなる事業承継時の税負担』


経済誌らしく、事業承継がらみの相続に関する話もしっかり解説されています。

相続トラブルを防ぐコツは、亡くなる前から、遺言書の作成や贈与などの手を打っておくこと。
「まだうちは大丈夫」と思っている方ほど、読んでいただきたい記事です。

※ちなみに、過去にこんな本もつくっています。ご興味あればどうぞ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする