【執筆】『THE21』2021年1月号で山本山・山本喜一郎社長、藻谷浩介氏の記事を担当

制作実績

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

12月10日発売の、
PHP研究所のビジネス誌『THE21』2021年1月号で、以下の記事を担当させていただきました。(https://www.php.co.jp/magazine/the21/

連載「老舗企業トップに聞く『不易流行』の経営」第1回 「今日を一生懸命生きることが歴史になる」( 山本山・山本喜一郎社長)

海苔やお茶で知られる老舗企業・山本山。じつは日本最古の煎茶商で、玉露の発明をした会社であることをご存知ですか?
そんな伝統を持っている山本山ですが、山本喜一郎社長は社員に「『昨年、こんなことをやりました」なんて聞きたくもない」と話しているそうです。その発言に込められた意図とは?

※Webでご覧になれます。https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/8264

現実を捉える「情報分析力」の磨き方第2回  「本当にそうなのか?」と疑う感覚を身につける方法  (日本総研主席研究員・藻谷浩介氏)

「デフレの正体」「里山資本主義」などの著書を持ち、日本の社会・経済をユニークで鋭い視点で切り取る、と定評のある藻谷浩介氏。思い込みから脱するための情報分析力の磨き方を語っていただきます。
物事を見誤る原因には「共同主観」があると、藻谷氏は指摘します。
ほとんどの人が囚われているという共同主観の正体とは?

ちなみに、全体の特集記事は「昼間の成果が2倍になる! 最高の『睡眠』法」。睡眠に関して密かに悩みを抱える方は多いのではないかと思います。さまざまな角度から睡眠に迫っているので、何かヒントが得られるのでは?

というわけで、よろしければ、書店やコンビニなどでご覧ください。
https://www.php.co.jp/magazine/the21/

タイトルとURLをコピーしました