「30歳からのスポーツライター」セミナー第2弾を、2/19(水)に開催します!

Webサイト「30歳からのインターンシップ」

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

2019年から開催している「30歳からの○○ライター」シリーズ
さまざまなジャンルで活躍中のライターさんにご登場いただき、
仕事の醍醐味や仕事術、「30歳を超えてからなるためには?」をお伺いしています。

その2020年第2弾として、「30歳からのスポーツライター」を2/19に開催します。

38歳、未経験から『週刊ベースボール』のライターになれた秘密とは?

ゲストスピーカーは、昨年10月にもご登壇いただいたスポーツライターの佐伯要さん

こんなご経歴の持ち主です。

大学野球(主に東京六大学、東都)を中心に取材し、「週刊ベースボール」など野球専門誌で執筆中。大学卒業後、スポーツメーカーで営業として16年間勤務。2009年春、38歳のとき、好きなことを仕事にするために退社。実績もコネクションもないまま、フリーランスのスポーツライターに。当初は出版社の門前払いが続く。2009年秋、頼まれてもいないのに書いていた原稿がきっかけとなり、「週刊ベースボール」でデビュー。それからは仕事が仕事を呼ぶ形で、ライター生活12年目を迎えている。
ホームページ:https://kaname-saeki.wixsite.com/freelance-writer
Twitter: https://twitter.com/saekikaname

まさに「30歳から○○ライター」な方!

スポーツライターを目指す人をサポート

そんな佐伯さんに、

  • スポーツライターとはどんな仕事なのか?
  • スポーツライターの面白さ・醍醐味は? 逆に大変なところは?
  • スポーツライターとしてやっていくためのポイントとは?
  • 30歳を過ぎてから、スポーツライターになるためには、どのような方法がある?

をたっぷりお伺いします。
受講後にはじめの一歩を踏み出せるよう、昨年10月にお届けした内容をさらにブラッシュアップする、とのことです。

自由参加の懇親会や原稿添削も!

セミナー後にはその場で自由参加の懇親会も開催。
希望者には原稿の添削もおこないます。
詳しい開催要項は、以下をご参考ください。
http://30intern.com/archives/1892

スポーツライターに興味がある方は、ぜひのぞいてみてください!

タイトルとURLをコピーしました