令和の時代、40代以上が生き残るために必要な意識改革とは? 『THE21』6月号で遠藤功氏×入山章栄氏の対談記事を構成しました。

こんにちは、オフィス解体新書・ライターの杉山です。

5月10日に発売された、
PHP研究所のビジネス誌『THE21』2019年6月号の
総力特集「令和に求められる人、平成で終わった人」。

その特別対談
「日本企業はどうすれば、『平成の敗北』から巻き返せるのか」
の構成を担当しました。

対談されたのは
コンサルティング会社であるローランド・ベルガー日本法人会長の遠藤功氏と、
早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授の入山章栄氏。

令和の時代に生き残っていくためにはどうしたらよいか。
20-30代と40代以上ではやるべきことが異なると、お二人は言います。
一体どういうことか――。

詳しくは、ぜひ本誌でご覧ください・・・と言おうと思ったのですが、
もうWebにアップされてました。なんて太っ腹。
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/6346

とくに40代以上の人にとってはなかなか刺激的な内容です。
気分を引き締めたい方は、ぜひ読んでみてください。