『本当は大切なのに誰も教えてくれない VUCA時代の仕事のキホン』発売されました。

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

一部編集協力させていただきました書籍、
『本当は大切なのに誰も教えてくれない VUCA時代の仕事のキホン』(河野英太郎さん著・PHP研究所)が発売されました。

VUCAとは、
「Volatility」(変動性)
「Uncertainty」(不確実性)
「Complexity」(複雑性)
「Ambiguity」(曖昧性)

の頭文字を取った言葉。

「あらゆるものを取り巻く環境が複雑性を増し、将来の予測が困難な状態」を指す言葉です。

そんな状態のなかで仕事を進めるためには何が大切なのか? 
これまでと何を変えなくてはいけなくて、何は変えなくていいのか。
そのポイントを、さくっとつかめる一冊です。

よろしければご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする