天狼院書店さんのライター講座で、10月から3カ月間、講師を務めます

IMG_1510

こんにちは、オフィス解体新書の杉山です。

天狼院書店さんのライター講座で、10月から3カ月間、講師を務めさせていただくことになりました。
http://tenro-in.com/zemi/59424

以前ゲストで呼んでいただいた時に、自分の過去の恥をさらけ出しまくったのが評価されたのでしょうか・・・笑

ライターになりたいと考えている方やライター歴が浅い方向けに、最近の業界事情をふまえたライターの仕事術や、本当は隠しておきたい自分の失敗談を踏まえた注意点などを惜しみなくお話ししたいと思います。

全6回あるので、さまざまなことをお伝えできるかと思いますが、
根底にあるのは、「できるだけ早く現場を体感できるよう、手助けをしたい」ということです。

世間一般では、
「目的・目標(何がやりたいか)が大事」
「自分の強みを見極めることが大事」
「自分が好きなこと、楽しいと思うことをやろう」
などということがよく言われます。

しかし、それらは、頭で考えていてもよくわからず、
さまざまな経験をしてみて、初めて見えてくるものだと僕は考えています。

僕が「30歳からのインターンシップ」というサイトを運営し始めたのも、そうした考えがあるからなのですが、ライター業にも同じことがいえます。
いろいろな現場を体験してみないと、
目的・目標も、自分の得手不得手も見えてきません。

少なくとも私は、駆け出しの頃、目的・目標などありませんでしたし、
自分の強みなんてさっぱりわかりませんでした。
今では、中小ベンチャー企業の記事に携わるのが好きですが、
そんな分野が好きになるなんてまるで想像しませんでした。

だから、受講してくださる皆さんには、制作の現場を早く体験していただきたいと思っているのですが、そういうと、
「じゃあ、どうすればいいの? その糸口がつかめないんだけど」
というふうに思われることでしょう。

そこで、講義では、制作の現場にもぐりこむための考え方・方法をお話ししていきたいと考えています。

平日の午前中に開催されますが、録画したものを好きな時間に見られるそうなので、ご興味あれば、のぞいてみてください。
お待ちしています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする